坐骨神経痛ってどんな病気?

神経痛の一種である「坐骨神経痛」は、腰から足元に通じる坐骨神経が圧迫されることで、痛みやしびれなどの症状を発生する病気です。

坐骨神経痛が所謂神経痛に比べ複雑なのが、人によってその症状の表れ方が異なる点です。

身体をある方向に動かすと痛みが生じる人もいれば、転校の移り変わりでしびれが出るという人もいます。

共通しているのは何らかの痛みやしびれが持続することで、どこに症状が現れるか?どんな風に現れるのか?は人によって違うのです。

坐骨神経痛が起こるのは、坐骨神経の長さや太さに個人差があるためと言われていますが、運動不足や食生活の方よりも坐骨神経に負担をかけるので、そういった原因で坐骨神経痛を発症する人も少なくないようです。

それゆえ、坐骨神経痛の治療方法も人それぞれ異なります。

先ずはそれぞれの症状を改善することから治療は始まるようです。